STEREO REALIST(修理では無いが・・・)

戻る

 

STEREO REALIST

 

紫白 症状

1995年には正常に動作したが、2011年再確認時にファインダー内の距離計用二重像が変化しなかった。

 

紫白 原因

操作方法の間違い

 

 

 

操作方法の確認記録 (2014年4月)

 

手順

 
各ダイヤルの役目を確認します。普通はレンズ周りに有る距離計ダイヤルは向かって左側に付いています。

 

手順

左側を見ています。このダイヤルを回せば、ファインダー内の二重像が動きます。

 

手順

正面に位置する3つのダイヤルも拡大して見ます。
中央に位置するのがシャッター速度設定用、左右に位置し連動して回転するのが絞り設定用です。

 

手順

写真中、Aはシャッターボタン、Bはシャッター可能表示窓、Cは巻き上げノブ、Dは巻き上げ解除ボタン、Eは巻き上げ巻き戻し切り替えレバーです。
BやDは普通のカメラのには、あまり見る事ができません。

 

手順

正面から見ると、下側にレバーが有りますが、これはシャッターチャージ用のレバーです。




操作手順:
①ボタンDを押した状態でノブCを矢印方向に回転し、回転始めたらボタンDから指を離す。
②回転が止まるまでフィルム巻き上げする。窓Bは「」から「白」に代わる。
③正面下側のレバーを動かしてチャージする。
④シャッターボタンAを押す。
⑤シャッターを切ると、窓Bは再び「」に戻る。
以上が、一回の撮影のための操作です。

 

戻る

ページトップへ