動画の編集はフリーソフトで


パソコン画面をキャプチャーして動画の教材を作ろうとしているのですが、前章(→こちら)ではその第一歩としてキャプチャーのフリーソフトを探し、学びました。ここでは、取り込んだ動画を加工します。

動画を加工、編集するフリーソフトとしては、「Windowsムービーメーカー」が使いやすく、安心です。パソコンを買った時にプレインストールされて付いて来る場合が多いですが、もし付いていなかったら、ネットからダウンロードできます。 ダウンロードはWindowsのホームページから行います。


1.「Windowsムービーメーカー」の画面

「Windowsムービーメーカー」を立ち上げると、下のウインドウが出てきます。

ウインドウ上部に「ムービーメーカーボタン」、「ホーム」タブ、「アニメーション」タブ、「視覚効果」タブ、「プロジェクト」タブ、「表示」タブがあり、いろいろな編集機能が選べます。

ウインドウ左側はプレビュー画面で、シークバー付きです。

ウインドウ右側はストーリーボード画面で、画像、音楽、テキストのストーリーボードを表示します。

画面

なおウインドウ上部のタブですが、ストーリーボードに画像、音楽、テキストを登録すると、「ビデオツール/編集」、「音楽ツール/オプション」、「テキストツール/フォーマット」の3つのタブが追加表示されます。

「Windowsムービーメーカー」を実際に使ってみると、ホームビデオ程度なら十分作れるだけの機能を持っている事が判ります。ところが今回は教材作りですから、すべての機能を使う必要はありません。例えば音声は無いし、画面切り替えエフェクトは不要だし。従って、以下の使用方法は、教材作りとして必要なものだけに絞っています。

 

2.編集する動画の登録

初期の「Windowsムービーメーカー」のウインドウ右側には、ストーリーボードは無く、「ビデオおよび写真を参照するには、ここをクリックします」と表示されています。

そこをクリックすると、下の様にフォルダーのウインドウが現れます。登録し編集したい動画が入っているフォルダーを出し、該当の動画ファイルをクリックします。今回の例では、下ので囲んだファイルです。

画面

で囲んだファイルをクリックすると、「Windowsムービーメーカー」の画面は下の様に変わり、ストーリーボードにその動画が現れると同時にプレビュー画面にもその動画の頭の部分が表示されます。

画面

 

3.動画の編集

開始位置の設定

キャプチャー後の動画の先頭部分は、どうしても余分なものが入ってしまいます。まず、その余分なものを取り去って先頭を作り直しします。

方法は、プレビュー画面で動画を走らせておいて新たに先頭にしたいところで止め、「ビデオツール/編集」タブの中の「開始位置の設定」をクリックします。これで、プレビューもストーリーボードも先頭が修正されます。

画面

分割

次に、動画の中間部分を切り取りしたい(抜きたい)場合は、動画を分割してトリムをかけるか削除をかけるかの方法をとります。この2つの方法の違いは、コマの途中で切り取りしたい場合はトリム、コマ単位で切り取りしたい場合は削除、です。

これらいずれの方法をとるにしても、まずは動画を分割しなくてはなりません。

プレビュー画面で動画を走らせて、切り取りたい位置に来たら一時停止させます。ここで「ビデオツール/編集」タブの中の「分割」をクリックしますが、これによってインジケータが乗っていたコマのお尻で分割されます。インジケータをコマとコマの間に置いている場合は、そこで分割されます。

画面

トリム

トリム対象は分割~分割の間の動画です。トリムをかけると開始位置以前の部分と停止位置以後の部分は捨てられる事になりますので、トリム前には「分割」を上手に使う必要があります。

トリムの前にインジケータをトリム掛けたいコマの上に置き、「ビデオツール/編集」タブの中の「トリムツール」をクリックします。

画面

それにより、画面が下の様にトリミング用に変わります。今回の場合は、最初の3コマがトリムの対象です。

画面

3コマの中の最後コマを途中で切ってその後を捨てたいので、プレビュー画面で動画を走らせて、その位置に来たら一時停止します。一時停止の後に「トリム」タブの中の「停止位置の設定」をクリックし「トリムの保存」をクリックします。

画面

ウインドウは再び元の画面に戻ります。

コマの削除

削除したいコマ群の頭とお尻に「分割」を入れた後にインジケータをそのコマ群の上に置いて、右クリックで下の様な一覧表を出します。この一覧表中の「削除」をクリックします。下の例では4コマ目が削除されます。

画面

停止位置の設定

動画の先頭部分と同様に、後端部分でも余分なものが入りがちです。後端の余分なものを取り除くには、プレビュー画面で動画を走らせておいて動画の末尾にしたいところで止め、「ビデオツール/編集」タブの中の「停止位置の設定」をクリックします。

画面

4.テキストの挿入

動画にテキストを挿入する方法は、「ホーム」タブの中の「追加」で、次の3つの種類から選びます。

画面

 

a.ムービーの冒頭に「タイトル」を入れる。

b.動画の途中に字幕を入れる。「キャプション」と呼ばれる。

c.ムービーの末尾に各種情報を入れる。「クレジット」と呼ばれる。

順番にやってみます。

 

「タイトル」

「ホーム」タブの中の「追加」の一番上に配置されている「タイトル」をクリックします。

画面

画面は自動的に下の様に変わります。「テキストツール/フォーマット」タブが表示されます。又、画面左側のプレビュー画面には「マイムービー」と言う文字が入ったタイトル画面が表示され、右側のストーリーボードの冒頭にはテキストのコマが挿入されて「マイムービー」と言うテキストバーも現れています。

画面

プレビュー画面上ではカーソルが点滅しており、ここに文字を書けます。今回はテキスト「マイムービー」は消して「血圧の管理その7(enter)他の月のシート作成」と打ち込みました。

「テキストツール/フォーマット」タブの中は下の通りで、「フォント」のエリアではフォントの大きさ、タイプ、太さを設定でき、「段落」では左、中央、右への揃えを設定できます。「テキストの編集」をクリックするとプレビュー画面上にカーソルが出てきてテキストを変更でします。 又、「背景色」をクリックして一覧表を出し、ここから背景色を決めることもできます。

「開始時間」と「テキストの表示時間」は、実際にプレビューしながら決めていきます。

画面

上の画面例には入っていませんが、さらに「テキストツール/フォーマット」タブの中の右側には「特殊効果」のエリアがあり、この中から、ムービー上での文字の現れ方を選ぶことができます。

なお、画面上のテキストの位置の移動はプレビュー画面上でドラッグする事により、可能です。

「キャプション」

動画の途中に画面上に字幕を入れる事を「キャプション」と言います。教材作りでは、書く場面ごとの説明や各機能の説明として重宝しています。挿入の方法は、「ホーム」タブの中の「追加」の中央に配置されている「キャプション」をクリックします。

「キャプション」をクリックすると画面は下の様に変わり、「テキストツール/フォーマット」タブが表示されます。又、画面左側のプレビュー画面には「ここにテキストを入力」と言う文字が入ったテキストボックスが表示され、右側のストーリーボードにはテキストのコマが挿入されて「ここにテキストを入力」と言うテキストバーが現れています。

画面

ここで表示される「テキストツール/フォーマット」タブと機能はタイトル挿入時とほとんど同じ(異なるのは背景色の選択は無い点)ですから説明は省略します。又、プレビュー画面の使い方もタイトル挿入の時に比べ、色こそ異なりますが、同じです。

画面

「クレジット」

ムービーの末尾で主演、助演、出演者、監督、協賛などを流れる字幕で表示しますが、これがクレジットです。「ホーム」タブの中の「追加」の中央に配置されている「クレジット」をクリックして挿入し、クリック後の方法は「タイトル」、「キャプション」と同じです。

 

5.ムービーの保存と作業の保存

完成したムービーを保存するには、「ホーム」タブの中の右端付近にある「ムービーの保存」をクリックします。

画面

クリックすると「ムービーの保存ウインドウ」が出てきますので、このウインドウの中で保存先と保存名、ファイルの種類を決めて「保存」をクリックします。ファイルの種類はポピュラーな「Windows media ビデオファイル」(拡張子.wmv)にします。

画面

動画はメモリー数が大きいので保存にも時間がかかり、下の様なウインドウとしばしのお付き合いです。

画面

ムービーの保存が完了すると、下の様なウインドウが出てきます。特に作業をする必要は無いので、「閉じる」をクリックします。

画面

次に、後にムービーの手直しが発生する可能性がある場合は、作業も保存しておきます。この前提は動画の原本が保存されていることです。

作業の保存は、「ムービーメーカーボタン」のクリックからです。「ムービーメーカーボタン」をクリックすると下の様なウインドウが現れますので、「名前を付けてプロジェクトを保存」をクリックし出て来る保存ウインドウで保存先と保存名を設定します。

画面

 

ムービー作り、動画の編集はここまでです。実際にできた動画の例は下の通りです。

プレイヤーのスタートボタンをクリックして下さい。

プレイヤー画面が出ていない場合は、ActiveXコントロールを実行してください

 

教材に使用できまるムービーになりましたので、次回はこの動画をHTMLでページに組み込みしたいと思います。

ページトップへ

←前ページへ               目次へ戻る               →次ページへ

コーナー