今までに誕生した恐竜たちの紹介

ティラノサウルス REX8号
製作開始・・・2020年11月19日
COMING SOON
トリケラトプス HORRI8号
製作開始・・・2020年8月15日
製作終了・・・2020年11月18日
旋回パワー確保の為、1足モーター+2旋回モーターに戻す
 旋回メカは後足側へ
 電装部は前側へ
トリケラトプス HORRI7号
製作開始・・・2020年6月2日
製作終了・・・2020年8月14日
HORRI2号方式(両足に旋回モーター搭載)を復活し改良
 両右に搭載していた旋回モーター2個を、胴体に1モーターのみとする
 1旋回モーターから左右の旋回ローラーへプーリーで動力伝達
トリケラトプス HORRI6号
製作開始・・・2020年4月27日
製作終了・・・2020年6月1日
HORRI3号の足周りを変更  足モーターの回転速度をアップ
駆動力不足で断念
トリケラトプス HORRI5号
製作開始・・・2020年4月27日
製作終了・・・2020年6月1日
HORRI4号の足駆動ソフトを変更  旋回時には足モーターを逆回転する
断念
トリケラトプス HORRI4号
製作開始・・・2019年10月19日
製作終了・・・2020年4月26日
首モーターの負荷軽減の為、首駆動軸両側の重量バランスを調整
ニット布で全身を覆い、腹開きへ
足モーターのギア比をダウンし、再低速から一段高速へ
トリケラトプス HORRI3号
製作開始・・・2018年7月1日
製作終了・・・2019年10月18日
両前足の旋回モーターを廃止し、2足モーター方式へ
 歩行パワー確保の為
トリケラトプス HORRI2号
製作開始・・・2017年10月1日
製作終了・・・2018年6月17日
ラッチメカを廃止し、両前足に旋回モーターを搭載
 左右への旋回がスムーズになった
首、足の可動可動部皮ふの材料をニット布へ
トリケラトプス HORRI1号
製作開始・・・2016年3月1日
製作終了・・・2017年9月4日
四つ足の恐竜ロボットは左右旋回のからくりで悩みます
 HORRI1号では1足モーターと両足にラッチメカで挑戦
 電磁石オン時ラッチ解除し、車輪空回り
ティラノサウルス REX7号
製作開始・・・2015年7月13日
製作終了・・・2016年2月16日
生まれて初めて作った恐竜ロボット、とにかくシンプルです
 コントローラーは有線
 本体は彩色無しの紙で覆っただけ
ティラノサウルス REX6号
製作終了・・・2015年7月12日
赤外線リモコンで操作開始
前進モードでは、首を振ってから足を動かす
ティラノサウルス REX5号
製作終了・・・2015年5月18日
足周りを改良
 車輪と中間ギアをゴムローラーに変更
足駆動モーターをFA-130AからFA-140RAへ
ティラノサウルス REX4号
製作開始・・・2015年2月17日
製作終了・・・2015年3月31日
組み込みのプリント基板で電気回路を構成
動く上半身(頭と首)を搭載
足周りを改良・・モーター軸と中間ギアを平行に
ティラノサウルス REX3号
製作終了・・・2015年2月16日
REX2号の足周りをさらに改良
 車輪もペットボトルふたへ
 (耐摩耗性を改善)
ティラノサウルス REX2号
製作開始・・・2014年10月1日
REX1号の足周りを改良
 中間ギアをペットボトルふたへ
 モーター軸と中間ギアの接触角度を45°へ
ティラノサウルス REX1号
製作開始・・・2014年9月1日
製作終了・・・2014年9月29日
生まれて初めて作った恐竜ロボット、とにかくシンプルです
 コントローラーは有線
 本体は彩色無しの紙で覆っただけ

戻る

ページトップへ

コーナー